6-sense 全紙写真展「OTHELLO」

2012年 7/20~22日 7/27~29日、名古屋市大須ギャラリー「プシュケ」で6つの個性がぶつかり合う。
写真展詳細はこちら
DM請求はこちら

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

写るもの 

ある |





写真に写ったモノを確認するだけならwebで十分だ。

展示でそれ以上のコトを望むなら、
プリントの存在感と、
展示空間に意義が無ければギャラリーに行く意味など無いし、
写真展を開く価値も無い。






以前からすきな言葉。

そこにあった"モノ"以上の"何か"。
そんな何かを写したい。
スポンサーサイト
10:30 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

"本気"について 

ある |





本気という言葉。


本気で何かをするとは、

100%自分を出し切る、
一生懸命やる、
まじめに取り組む
という使い方をよくしますが、
ある一節にはこうありました。

本気の本当の意味は、
「本当の気持ちかどうか」にある。

なにかに行き詰まった時、
無理やり前に進めたり、
落ち込んだりする必要はなく、

「自分の本当の気持ちはなにか?」
「本当はどうしたいのか?」
を考えるようにと。

無理やり、
100%の力を出すことが本気ではなく、
本当の気持ちに立ち返ることが、
本気の本当の意味 。



写真を始めてこのかた、
かつてないほど悩んでいます。

もうほんまに悩み苦しんでいる状態です。
でも、かつてないほど楽しいです。
どMなのでしょうか。
いいえ、どSです。(きいてねぇ)

写真展まであと数ヶ月、
色んな意味で、「本気の写真」
と胸を張れるような、
そんな二枚を撮りたいと思っています。



ARU
12:38 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

らしさ 

ある |





自分らしい写真とは。

写真という趣味を初めてから、
何度も考えてること。

「らしい写真ですね」
と言われることがあるけど、
そこにある"らしさ"とは何か。

ベタ焼きが多くなった今とは違い、
少し前まで、現像してもらう際、
~な感じでお願いします。
と、お願いしていました。

そうして出来上がった「~なかんじ」が、自分らしいのだろうか。

きっと違う。

それだと、写真屋さんを変えれば
"らしさ"はなくなってしまう事になるから。

じゃあらしさとは構図? 撮らしていただいた方の表情?自分にしか撮れないシーン?


僕はそんな、
答えが見えても すぐまたどこかに消え去ってしまうような、
答えのない答えを 探すのが好きです。

月並みだけど、
写真が本当に好きなんだと思う。
22:04 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

自己紹介 aru 

ある |




名前:ある
性別:男
年齢:28歳
写真歴:一年半
愛用カメラ:Hasselblad
初恋:2歳


twitter

Flickr

Instagram

blog






こんばんは!写真展参加者のaruと申します!

このブログから参加者の紹介と、作品制作&展示に至るまでの生な苦悩をお届けしますw



と言うことでまず一発目は私aruこと村上(本名普通)からご挨拶致します!




◯自己紹介

写真を始めて一年半程になります。iPhoneのカメラでカシャカシャ撮ってるうちに写真の魅力に目覚め

休日になればiPhone片手にいろんな場所へ撮影に出かけておりました。

その後は頂き物のcanon AE-1というフィルムカメラから、フィルム独特の味のある風合いにハマりました。

今現在はhasselbladというカメラで中判写真を楽しんでおります!




◯作品について

今回は写真展タイトルがothello。

写真展テーマは「陰と陽」ということで、自分の中に潜む二面性を作品として表現できればと思っております。

展示主題が深すぎてすぎて、既にテーマに圧倒されていますw

やれるだけのことはやって、自分自身が満足できる作品を出すことが最低条件だと思っています。


来場してくださる方の琴線に触れられるような作品を撮れるよう頑張ります!
22:08 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。