6-sense 全紙写真展「OTHELLO」

2012年 7/20~22日 7/27~29日、名古屋市大須ギャラリー「プシュケ」で6つの個性がぶつかり合う。
写真展詳細はこちら
DM請求はこちら

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

写真展、無事に終了しました! 

ほし |

img320_20120801192355.jpg




こんばんは、ほしです!
6-sense全紙写真展「OTHELLO」、7月29日を持ちまして、無事に終了致しました!

7月20日にスタートしたこの写真展。
金、土、日のみのオープンということで、
計6日間の写真展でした。
日数にすると短いようですが、
この6日間の体感的なボリュームはかなりのものでした。
搬出が終わった時には、もう全員ヘトヘトでした(笑
それだけ、メンバーのこの写真展に対する思いが強かったということだと思います。

写真展では会場に来ていただいた方々の多くに、
アンケートをご記入して貰えました。
終わってから全部の枚数を数えてみると、218枚もありました!
200名を超える大勢の方々にお越しいただいたことは、
メンバー一同本当に嬉しく思っています。
自分にとっても、これだけ大勢の方にプリントや写真集を見ていただく機会ははじめてのことなので、
とても感動しました。

改めて振り返ってみますと、
本当にメンバーに恵まれた写真展でした。
これは、6人全員が感じていることだと思います。
写真展にお越しいただいた方は、メンバーの結束力の強さを感じ取っていただけたのではないでしょうか。
それだけ、全員で最後まで力を合わせて進むことが出来た写真展でした。

また、そこまで結束することができたのは、本当に奇跡に近いものだったとも思います。
何を隠そう実は6人が一度に集まったのは、写真展初日がはじめてだったんです。
あらかじめ他のメンバーと全員面識があったのは唯一自分だけでして、
他の5人は、距離的な問題もあり、直接顔を合わせることはついに展覧会当日まで無かったのです。
写真展に向けての話し合いは、SkypeやLINEといったネットワークを利用したやり取りが中心でした。
それにも拘わらず、ここまで一致団結してやり遂げることができたのも、
メンバーの人柄、そして写真というものが持つ素敵な魅力のおかげだと思います。

6人がただそれぞれ自由に写真を飾っているのではなく、
この6人でやることに意味がある、そんな写真展を目指していたのですが、
これはある程度達成することが出来たのではないかと思います。
「陰と陽」というシンプルながら難しいテーマで構成された写真は、
自分たちでもびっくりするほどメンバーそれぞれの個性が出るものとなりました。
それでいて、全紙という大きさでフォーマットを統一したことで、
全体としての統一感もあったのではないかと思います。

しかし、その一方で反省点も少なからずあります。
特に、会場作りに関しては準備不足、調査不足の感が否めず、
後半戦の会場の暑さは、とても快適とは程遠いものでした。
わざわざ写真展にお越しいただいた方に対してこのような事態となってしまったことを、
本当に申し訳なく思っています。
また、混雑時にはひとりひとりに対応することが出来なかったり、
落ち着いて写真を見て貰える環境を提供できなかったことも非常に心残りです。

写真展を終えて4日が過ぎた今、
メンバーはそれぞれの思いを抱きながら、
この写真展を振り返っています。
しかし、全員一致して思っていることは、
「この写真展をやってよかった」ということです。

またこのメンバーで写真展をやる日が来るかもしれませんし、
もう二度とないかもしれません。
先のことは全くの未定となっていますが、
この6人はきっとこれからも写真を撮り続けていくでしょう。
そうである限り、きっといつかまたどこかで皆様にお会いできる日が来ると信じています。

最後に、改めて今回の写真展を最後まで一緒にやりとげた最高のメンバー、
この展覧会を影で支えて下さった多くの大切な方々、
そしてこの写真展にお越し下さった皆様に、
お礼を申し上げます。

本当にありがとうございました!
 
スポンサーサイト
23:29 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

写真展に行ったほうがいい15の理由 

ほし |

img240-2.jpg



こんばんは、ほしです!
いよいよ今週末から、写真展が開催されます!
あと3日です!3日ではじまってしまうんです!笑

ということで、
「写真展…行こうかな?どうしようかな?やっぱやめとこうかな?」
なんて思っているあなたのために、

「写真展に行ったほうがいい15の理由」

をお届けします!


理由1「大須は面白い」
写真展の開催される大須はなんとも面白スポット!
古着屋さん、専門店、アキバ系ショップ、オシャレカフェ、メイドカフェ、etc…
と多種多様すぎるお店が揃っています!

理由2「もちろん入場は無料!」
誰でも無料で見れます!これまで写真展なんて行ったことがないなんて人にもうってつけ!
もちろん写真をガッツリやっている方も楽しめますよ。

理由3「近くには素敵な写真屋さんも」
ギャラリーから徒歩1分で行ける写真屋さんがあります。
その名もMarble!ブローニーの現像もしていただけますよ!オススメです。

理由4「メンバーみんな良い人」
自分で言うのもなんですが、この写真展、素敵なメンバーが集まりました!
そんなメンバーに是非声をかけてみて下さい!
きっと面白い話をしてくれるはず。多分。

理由5「全紙の迫力はすごい」
この写真展の展示作品は全紙サイズ!これはデカい。
先日家に届いた額を見て、うっかり机でも来たのかと思ったぐらいに大きいです。
やはりそのぶん迫力あります!

理由6「ブックもあるよ!」
展示作品はひとり2点で6人の合同展なので、計12点となっています。
しかしそれだけじゃ物足りない!という人にもガッツリお楽しみいただける、
大ボリュームのブックも用意してあります!
全てのブックをじっくり読んだら、小一時間はかかるのではないでしょうか…。

理由7「スペシャルなプレゼント」
会場でアンケートを書いてくださった方に先着でスペシャルプレゼントをご用意しております!
内容は、漫画家の桐木憲一先生、月子先生、小説家の相沢沙呼先生とのコラボレーションによる、
まさにスペシャルなものとなっております!
この機を逃したら手に入らないですよ~、これは必見です!

理由8「そんな先生方のサイン入り本まで売ってる」
コラボレーションして下さった先生方の作品も販売します!
しかも、直筆のサイン入り!
数に限りがありますので、どうぞお早めに!

理由9「思い切ってデートコースに組み入れてしまおう」
気になるあの人との初デート…どこに行こう?なんて迷っているあなた!
この写真展に来れば間違いない!多分!

理由10「よりどりみどり」
この写真展の共通テーマは「陰と陽」。
しかし作品が出そろってみると、予想以上にバリエーション豊かなものに。
それぞれの個性が楽しめます!

理由11「アクセスも割といい!」
ギャラリーは最寄駅の「大須観音駅」から徒歩3分と、駅のそばです。
炎天下を長々と歩く羽目にはなりません!

理由12「ポストカードも売ってます」
全12種のポストカードを販売します!
どれも素敵ですよ。写真展の記念にどうぞ!

理由13「ちょうど梅雨明け」
東海地方は梅雨が明けました!
あの嫌な雨ともおさらばです!恐らく。

理由14「美味しいカフェやごはん屋さんも沢山!」
大須周辺では名古屋名物から美味しいスイーツまで、色々堪能できます!
写真で心を見たし、美味しい食事で胃を満たそう!

理由15「とにかく楽しませます!」
この写真展は、来ていただける方々のためのものです。
メンバー一同力を合わせて、皆さんに満足していただけるような写真展を目指し、
ここまでやってきました。
きっと楽しめます!一緒に楽しみましょう!


どうでしょう?写真展に行きたくなりましたか?笑
是非、週末は大須へと遊びに来て下さいね!
お待ちしております~!

21:41 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

ブック完成! 

ほし |

こころの温度


こんばんは、ほしです。

ようやく自分もブックが完成致しました…。
いやー、疲れた!笑
一冊のブックを作るのに、これだけ時間をかけたのははじめてな気がします。
割とこれまではサラッと短時間で作ることが多かったので…笑
そのおかげで、自分としてもかなり思い入れの強い作品となりました。

タイトルは「こころの温度」。
作り始めた時は、今回の写真展のテーマである「陰と陽」とは全く関係ないブックにしようと思っていたのですが、
出来上がってみると、不思議と陰と陽のテーマにも合致したものとなっていました。

自分は音楽が好きでよく聴いていまして、写真のアイデアも音楽からもらったりすることがあります。
今回は、星野源さんの楽曲からかなり影響を受けました。
星野源さんは、特別な瞬間というよりは日常に潜む1シーンを切り取ったような曲を多く歌われているのですが、
このブックにおいても、「日常感」を大切に作りました。

今回一番時間をかけたのは、その日常感をどう作品として成立させるかでした。
単なる思い出写真を載せるだけでは、見ている人は多分面白くありません。
他人の撮ったホームビデオって、だいたい見ているうちに飽きますもんね(笑
かと思えば、「もう、家に帰ろう」や「ダカフェ日記」が大人気の写真集となっていたり。
この違いってどこにあるんだろうなぁ、と自分なりに考えまして、
現時点で出せた答えがこのブックとして形になっています。

ホントに全身全霊をこめたブックです。
なんとなく気分が晴れない時や落ち込んでいる時、
このブックを読むと少しだけ気分が軽くなれるような、
そんなものが出来たらいいなと思いながら作りました。
見終わったとき、少しでも気持ちがほっこりとしていて貰えたら最高です!
 
16:46 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

旅は終わらない 

ほし |

img160.jpg


こんばんは、ほしです!

DMがお手元に届いた方からの感想の声や、
スペシャルコラボレーションの発表への反応の声が、
twitterなどを通じて6-senseの元へと届いています。
それらの声を聞くたびに、ついつい喜びでにやけてしまう自分がいます(笑

写真展の一番の目的は、来ていただける方々に満足して貰えること。
DM請求のメールを見ていると、遠方からお越しになって下さるという方も結構いらっしゃいます。
そのような方々にも、「来てよかった!」と満足しながら帰っていただけるような、
そんな写真展にするべく、もういけるところまでいくしかない!とメンバー一同全力疾走中です。

スペシャルコラボレーションの詳細は後日発表させていただきますが、
きっと皆様にも楽しんでいただけるような内容になりますよ!

とにかく、6-senseは人を喜ばせるのが好きな人が多い。
というか、人が好きな人が多いのです。
ひょっとして、写真を撮っている人ってみんなそうなのでしょうか…?

早く、来ていただける方々の喜びの顔を直接見たい!と、
自分自身が開催の日が待ち遠しいです(笑

ラストスパート、頑張ります!!
21:53 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

ここまで来れたから 

ほし |

02930002.jpg




こんばんは、ほしです。

いよいよ写真展が近付いてきました!
最近はスカイプで写真展について話し合いもおこなっています。
内容は、DMのこと、額装のこと、展示方法のこと…などなど。
まだまだ問題は山積みですが、
全員で知恵を出し合い、先へと進んでいます!

思えば、この6人で合同展をすることが決まるまで、
けっこうな長い時間を要しました。
そもそもの発端は自分が合同展をやりたいと前々から思っていて、
それをふと言葉にしてみたら松浦くんが乗ってくれたこと。
どうせやるなら全紙でやっちゃわない!?なんて冗談半分で話しながら、
この写真展は産声をあげたのです。
しかしそこからが大変でした。

実は一番最初の予定では、今の人数の倍は集めて、
ひとり1枚での写真展にしようかと思っていたんです。
テーマは「自分にとっての1枚」みたいな感じで。
しかし、やはり大勢のメンバーを集めるのは難しく、
どうしよう…と困り果てていた時に、
「それなら一人2枚にして、テーマを陰と陽にしないか」
と言ってくれたのがa_r_uさんでした。
そして、a_r_uさんは写真展のメンバーとして、きりえさんも紹介してくれました。
きりえさんは自分でモノクロを暗室プリントしている方で、
はじめて手焼きのプリントを見せていただいた時は、
そのクオリティに圧倒されたのを覚えています。

そして、遠方からの参加となった、anne*ちゃんとゆり茶さん。
ゆり茶さんはデザイン面において写真展を力強くサポートしてくださり、
写真展を1段上のレベルへと押し上げてくださいました。
anne*ちゃんは積極的に写真展への課題の解決策を出してくれ、
写真展へ向けてスムーズに動き出せるようになりました。
6-senseという素敵なグループ名もanne*ちゃんが生み出してくれたものです。

今こうしてみると、誰が欠けてもこの写真展は成り立たなかったと思います。
この6人だからこそ、まだ残っている写真展へ向けての課題も必ず解決できるだろうと思えるし、
写真展もきっと素晴らしいものになるだろうと信じれるんです。

写真展まで約一か月半!
この写真展が自分にとって素敵な思い出となるのは間違いないでしょうが、
来ていただいた皆様にとっても素敵な思い出となるようなものにするべく、
さらにブラッシュアップに努めていきます!
頑張るぞ~!!
20:53 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。