6-sense 全紙写真展「OTHELLO」

2012年 7/20~22日 7/27~29日、名古屋市大須ギャラリー「プシュケ」で6つの個性がぶつかり合う。
写真展詳細はこちら
DM請求はこちら

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

過去との対峙~bookについて~ 

anne* |

雪の小路
【NikonFM2】

こんにちはanne*です、
今日は暑かったですねー
雪の写真でも、、笑


bookは現在以下の二点を考えています。

■ ファンタジー、否。(ふぁいんたじぃな。)

 過去の作品を総まとめしつつ、物語チックに仕上げる予定です。
 嘘と本当と現実と妄想が入り乱れる、私ワールド全開な一冊☆
 P50強、予定。

■ そこにあるもの。(仮)

 「Polaroidを是非生で見て欲しい!!」
  ということで生ポラを冊子にして展示する予定です◎
  現在まだまだ撮り進めていますので、乞うご期待!


**

…で!bookの案を只今練っているんですが、、

これがもう、、恥ずかしい///



昔絵を描いてた時、「昨日描いた絵は恥ずかしくて見れない。」って思ってましたが、

写真でもおんなじ様な気分です。

実は昨日撮った写真でもなんだか恥ずかしい///

故に二年前の写真始めたばかりのものなんて、
きゃぁー!です。きゃー!

更にJKな頃の写真なんかも混ぜようかなー、なんて思ってるから

もう本当に、、、

「きゃぁぁぁぁぁぁぁ----!!!//」



っていうかもう

「ぎゃぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぅくあわwだふっ■☆※○*ぅ、ぁ。」

(ぜえぜえ)


終始こんな感じですので、
作っている間中、ただの羞恥プレイに他なりませぬ。



そんな感じで、過去の私と今の私が共同作業する一冊☆

見て欲しいような見て欲しくないような、、、
いやでも見て欲しいです…!///


※anne*は低音ボイス
スポンサーサイト
18:30 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

写るもの 

ある |





写真に写ったモノを確認するだけならwebで十分だ。

展示でそれ以上のコトを望むなら、
プリントの存在感と、
展示空間に意義が無ければギャラリーに行く意味など無いし、
写真展を開く価値も無い。






以前からすきな言葉。

そこにあった"モノ"以上の"何か"。
そんな何かを写したい。
10:30 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

超えたいの 

ゆり茶 |

img147.jpg


目の前の壁を。


今は本当にその気持ちだけで動いています。




IMG_1575-2.jpg


廃墟ブック『陰と陽』の準備も進めております。
この間は岡山県にある廃墟へ行って参りました。
大量の落書きで埋め尽くされていてコワーイ雰囲気でした!

そんな廃墟ブックのレイアウトを見たうちのダンナの一言
「サイレントヒルみたい」


…邪悪な本に仕上がりつつあります。

14:21 |  trackback: 1 | comment: 2 | edit

好きな写真、嫌いな写真 

ほし |

02440012.jpg




こんばんは、ほしです。
写真展へ向けて写真を撮ったり、作品を考えていたりすると、
自分にとっての写真観のようなものと向き合うことが多いです。

写真を趣味としている方々と話をしていて思うのは、
写真の好みってホントにひとそれぞれだよなぁということ。
特に自分にとっと印象的だったのは、
Amazonで自分が好きな写真集に☆5つでレビューを書いたら、
その後に☆1つで酷評しまくったレビューが続いたことですね(笑
人によって写真の好みってこうも違うんだなぁと驚きました。

僕は比較的嫌いな写真というものはないのですが、
それでもやはり好みというものはあります。
そして、その好みというものは年々変化しています。

もともと写真をはじめた4年前、まだ絞りやシャッタースピードの意味も、
ましてや写真家の名前なんて一人も知らなかった頃、
森山大道さんの写真を雑誌で見て衝撃を受け、
それからモノクロでコントラストの高い写真をしばらく撮り続けていました(笑
今でも森山大道さんは好きなのですが、
最近は川内倫子さんの写真が今の自分の感覚にぴったりとフィットしている気がして、好みです。
気が付くと自分が撮る写真も、大半がカラーとなっていました。
昔は「ハイキーってなんか女子っぽいし、自分は撮らないなぁ」なんてことを言っていたような気がするのですが、
最近の自分の写真は割とハイキーめなものが多いです(笑
変化しまくりな自分の写真観ですが、そのおかげで昔の自分が撮った写真を見ていると、
その頃の自分の感情が思い出されて、なんだかおもしろいです。

そんな自分ですが、夏の写真展に出す作品の方向性がようやく固まってきました。
前述したとおり、今の自分が撮っている写真はハイキーめなものが多い中、
どうやって陰を表現するかが悩みどころだったのですが、
陰=アンダーな写真とは別に決まっていないのだから、ハイキーでもいいだろうという結論に達しました。
要するに、ポイントは2枚がしっかり組み写真となっていて、対比構造にあること。
その視点から自分の撮った写真を見ていると、
あれだけ困っていた陰の写真が、「これだ!」と決まりました。
その写真は別にアンダーでもなんでもないのですが、
自分にとっては確かに「陰」以外のなにものでもない写真。
その写真が決まったとき、自分にとっての「陰と陽」とはなにかが見えてきました。

まだ写真展まで若干の時間もありますので、ホントにその写真を出すかどうかはまだわかりませんが、
写真展へ向けて大きく前進できました。
後はブックをどうするかだなぁ…。

「陰と陽」という共通のテーマの写真展ですが、
各々違った視点からの2枚の写真は人それぞれの写真観が如実に反映され、
案外バリエーション豊かな展覧会になるのではないかと思います。
自分もその振れ幅を見るのが、今から楽しみです!
17:16 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

自律神経 

anne* |

やはらかに
【sx-70/Polaroid600@シレネ】

「陰陽師」を題材にしよう、はあえなく玉砕、
こんばんわ、anne*です☆


本や漫画の他によく使うものに…辞書があります。
-----------
Q、え?辞書を写真にどう使うの?

A、空想妄想に使います(´・ω・`)

-----------

まず、陰と陽について辞書を引きます。
次に関連語を引きます。
さらに関連語を引きます。

×∞

それを延々繰り返して自分の中の「陰」と「陽」の
解釈及び漠然としたイメージを作ります。

今回はwiki様のこのページにもお世話になりました。

陰と陽ってきりえさんもおっしゃってたように
明るいと暗いのイメージが強いですが、

これを読んでいると女と男、裏と表、融合と分離などなど
色んな対比の仕方があるんだなあ、とイメージが膨らみます。


中でも一番惹かれたのが、

陽=交感神経
陰=副交感神経


「ええ!これも陰と陽なの?!」

ってことは、、、陽は〇〇が××でシャキンで、
陰には△△を使って**でそっと@@していいても
いいんじゃないかなあー、あ、うんだったら…


以上私の脳内の出来事。


…という感じで辞書などを写真に活用しています。

本気で展示のサブタイトル「自律神経」で行こうかと思ったんですが、
陽の方の○○が見つからず、、悩み中です。

anne*でしたー
22:39 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

意見交換の仕方 

ほし |

DH000011-002.jpg





こんばんは、ほしです。

現在は写真展へ向けて各々作品づくりをしている時期です。
たぶんまだ誰も作品は完成していません。
少なくとも自分は、方向性すら明確に定まっていません…笑
全員、悩んで迷いながら写真を撮っているのだと思います。

壁展示に出すのは枚数でいうと2枚、
これは数字で言うと少なく思えますが、
それでも「作品として人様に見せることの出来る2枚」
となると、簡単なものではありません。
はたして完成させることが出来るのか、
そんな不安を抱えながらも夢中でシャッターを切り続ける果てに、
辿り着ける場所があるのだと思います。

さて、今回の写真展、会場は名古屋ですが、
参加者は全員名古屋近郊に住んでいるかというと、そんなことはありません。
自分は岐阜県住まいですし、
ゆり茶さんなんて東京住まい、
anne*さんも山口住まいです。

西から東まで!な感じのメンバーですが、
そのような中でどうやって意見の交換を行っているかというと、
スマートフォンでは有名なアプリ、「LINE」を使っています。
たまにCMも流れているので「無料で通話が出来るアプリ」として
ご存じの方も多いのではないかと思うのですが、
LINEは無料通話だけではなく、グループチャットのような機能が備わっています。
いうならば常時チャットルーム状態の環境を作り出せるんです。

スマートフォンだけでなく、PCやガラケーでもLINEは使えるので、
メンバー全員が同時に情報を共有し、発信出来る状態にあります。
こうして、文字でのやり取りにはなってしまうのですが、
各々自由に意見を出し合いながら写真展を形作っています。
写真展のタイトル、グループ名、ブログやツイッターの利用などなど、
話し合いの中でたくさんのことが生まれています。
現在は、そろそろDMに関しての話し合いが進んでいくと思います。

こうして、各々が持てる力を出し合い、
力を合わせて完成させる写真展、
きっと充実したものになると思います!
ご期待ください!
22:30 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

今日は一日プリントでした 

きりえ |

154.jpg
イエイ!プリントは絶好調!


寝坊した上に夕方である程度のきりがついてしまったため、実質半日くらいですが、
60枚ほど残っていたILFORDのMGIVパールを使い切ることに成功しました。
結構ものぐさ且つせっかちな性格ですので、
やっとこさプリントできてほっとしています。

しかし気付けばもう2ヶ月切っているという現実。
正直、気合の入った撮影は当分お休みしようかなあと考えています。

ブック製作について、
スキャンしたtiffファイルから起こすのか、
印画紙で手焼きしたものから起こすのか、
どのみち、あと一月くらいで形にしなければなりません。
何しろ私の、人様にお見せする初めてのブックですので、
私の軌跡とか、自己紹介とかになるような、
ポートレートのブックになると思います。
私の出会ってきた人々の中に、たくさんの陰と陽があることを期待しつつ・・・
ブックは組み方に難儀はすると思いますが、材料が明確なだけマシです。

問題は全紙作品の方、ですよ・・・ね。
今ある材料から自分なりの陰と陽を探していかなければなりません。
今のままではどれだけ外に出たって一緒でしょうから。

自分と向き合うとか、省みるとか、一つの場所にじっとするとか、
そういうの苦手なので、本当大変です。
22:25 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

"本気"について 

ある |





本気という言葉。


本気で何かをするとは、

100%自分を出し切る、
一生懸命やる、
まじめに取り組む
という使い方をよくしますが、
ある一節にはこうありました。

本気の本当の意味は、
「本当の気持ちかどうか」にある。

なにかに行き詰まった時、
無理やり前に進めたり、
落ち込んだりする必要はなく、

「自分の本当の気持ちはなにか?」
「本当はどうしたいのか?」
を考えるようにと。

無理やり、
100%の力を出すことが本気ではなく、
本当の気持ちに立ち返ることが、
本気の本当の意味 。



写真を始めてこのかた、
かつてないほど悩んでいます。

もうほんまに悩み苦しんでいる状態です。
でも、かつてないほど楽しいです。
どMなのでしょうか。
いいえ、どSです。(きいてねぇ)

写真展まであと数ヶ月、
色んな意味で、「本気の写真」
と胸を張れるような、
そんな二枚を撮りたいと思っています。



ARU
12:38 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

最近 

まつうら |

それは星のように
【それは星のように】


こんにちは、松浦です!
久々のブログ更新がんばりたいと思います!笑

気がつけば写真展まであと2ヶ月!
遠いようで、意外とあっという間なんでしょうね。

作品はというと一進一退を繰り返す日々。
テーマにそってるようで、避けているような写真ばかり!

たかが2枚で、されど2枚。
そもそもテーマが体質に合わないとか心の底でブツブツと
つぶやくとか、始末に負えないよね。

つまり何が言いたいかっていうと、作品を作るって本当に
苦しいです。けど、苦しいんだけど楽しい!

あっ・・・矛盾してる!

そう!今、自分の中でどうしようもない矛盾がたまりに
たまって消化不慮。

出口のない道をさまよっているようで、実は身近に出口が
あるような、変な感覚。

この先どうなるのか不安を感じながら、行けばなんとかなると
思ってしまう感覚。

みんなはどうしているのかなー?
僕は予定通り、予定外なことにたくさん出会っていますが!笑
04:30 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

ゴールデンウィークを終えて 

ほし |

DH000011-1.jpg




こんばんは、ほしです。
先日ゴールデンウィークが終了したわけですが、
自分は何をしていたかというと、瀬戸内の島々を旅行していました!
写真もがっつり撮りまして、ブローニーフィルム9本ぶんしっかり撮っちゃいました。
1枚でも写真展に出せそうなものがあればいいのですが…笑

自分は今は「ローライコードVb」というカメラを愛用していまして、
このカメラで撮影した写真で作品を作りたいなあと思っているのですが、
買ったのが今年の1月でして、いかんせん写真のストックがあまりないのです…。

ちなみにローライコードVbってどんなカメラかというと、こんな感じ。
DH000011-001.jpg

いまどきこんなカメラをぶら下げて街を歩いている人なんてそうそういないので、
よく声をかけられます(笑
クラシカルで可愛い見た目と、柔らかくて透明感のある写りがお気に入りで、
今回の旅でも大活躍してくれました。

このカメラはジャンルでいうと「二眼レフ」というものにあたりまして、
その名前の通り、レンズが2つあるのが特徴的なカメラとなっています。
撮影時は上のフタをパカッと開けて、スクリーンを見ながら撮影する、
いわゆるウエストレベルファインダーになっているわけですが、
この上から覗いて写真を撮るというスタイルが今の自分に合っているように思うのです。
一眼レフのようにファインダーを直接覗くタイプですと、自分の眼で被写体をそのまま見ることになりますが、
このカメラだとスクリーンを介することになるので、やや客観的な視点が得られるように思えるのです。
これまで自分はあまり構図などを深く考えず、感じるままに写真を撮ってきたのですが、
ローライコードを使うようになってから、少しずつ「考えて写真を撮る」ことが出来てきている気がします。

今回の写真展に参加される方々は、それぞれ多種多様なカメラを使って撮影しています。
それぞれどのようなカメラを使って、どんな風に撮影しているか…
なんてこともこのブログを通じて知ることが出来ると思うので、
よろしければお楽しみください!
19:00 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

ブックを作り始めました 

ゆり茶 |

img981.jpg


ゆり茶でござる。

今回の展示は「陰と陽」というテーマがあります。
自分の中で、新しく作るブックはできればそのテーマに沿った内容にしたい、という想いがありました。
でも、これからブックにするだけの枚数が撮れるのか…?むむむ。
経験上、1ヶ月ちょっとで100ページ前後のブックが作れるだけの写真を撮るのは至難の業です。

そこで思いついた事があります。
「廃墟ブックはどうだろう?」

私はシャレにならないくらい廃墟が好きです。
昨年末、廃墟に目覚めてからというもの、時間があれば各地の廃墟へ行って写真を撮っています。

廃墟写真であればだいぶストックもありますし、何より

廃墟という「陰」な場所で見つけた、私なりの「陽」

を感じてもらえるブックを作る事が出来るのではないかと思いました。


ということで、今回は「廃墟」ブックを作る事に致しました。


思い立ったら吉日、早速、手持ちの廃墟写真を並べてみました。

03.jpg


思っていたよりありました。。。
現時点で82ページ。岡山の展示に出展するブックと既に同じ分量。
今回は全て6×6の写真で埋める事にしました。


01.jpg


表紙はこんな感じにしようかしらと考え中。
私はレイアウトを早めに決めて、バランスを考えながら残りの写真を撮って行くタイプです。


02.jpg


ページのサンプルです。


ブックのサイズですが、先日、知人に「ゆり茶の写真は大きい方がいい」と言われたので、それを信じて大きいサイズにしてみようと思います。前回の個展に出したブックは18cm×18cmでしたが、今回は30cm×30cmという大きいサイズで製本してみたいと思います。




まだ写真展まで日にちがあるので、可能な限り廃墟へ行ってブック用の写真を撮ってきたいと思います!


01:30 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

再読、陰陽師。 

anne* |

りんご
【MAMIYA RB67/65mm/Kodakエクター100】

こんばんわ^^
未だカメラの状態は不明、anne*です★

先日メンバーで盛り上がったのが
「どんな風に作品のアイディアを出すか?」

私は結構本や漫画からヒント貰うことも多いです♪
映像からだったり、文字からだったり。

*

陰と陽、って聞いた時にパッと出てきたのが
夢枕獏さん&岡野玲子さんの「陰陽師」でした。笑
というわけで、只今再読中です!


この「陰陽師」の作品中で碁を使って
晴明の妻と敵の菅原道真公が戦うシーンがあるんです!

このシーンが超好きで、あの優雅で不思議な雰囲気、、
是非多重露光で表現したいな、と思ってます。


こう、グワーっときてシャーときてパシンって感じの。
こんなイメージ//
IMG.jpg



でも、まあ…これは…

…全然、「陰と陽」に関係ないです、ね。笑
21:20 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

近況 

ゆり茶 |

陰と陽

こんばんは、ゆり茶です。
やっと二回目の更新です。

実は私、5月末にも別の写真展に参加させて頂く予定でして、現在はまだそちらの準備にかかりきりだったりします。ようやく昨日ブックの入稿を終えて少しほっとしたところです。

GWも写真三昧でした。廃墟に美少女に雑誌にコスプレに盛りだくさんでした。


「OTHELLO」に関してですが、出展するブックについていくつか決めました。

1)昨年の個展の際「SHUTTERGIRL2009-2011」という(2011年までの写真をまとめた)ポートフォリオ本を3冊作ったのですが、今回はそれをブラッシュアップし(2012/7までの写真をまとめた)「SHUTTERGIRL2009-2012 1/2」にします。

IMG_1490-2.jpg


2)5月の写真展に出展する『読書感想写真』(現在は80ページくらい)という本もブラッシュアップさせ、100ページくらいにします。

表紙です。
book.jpg

中身はこういう感じです。
book02.jpg



3)新ブック『廃墟本(仮)』を作ります。


皆様に「なんかたくさん写真見たな」と思って頂けるくらいの量をお届け出来るようがんばります。


01:23 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

らしさ 

ある |





自分らしい写真とは。

写真という趣味を初めてから、
何度も考えてること。

「らしい写真ですね」
と言われることがあるけど、
そこにある"らしさ"とは何か。

ベタ焼きが多くなった今とは違い、
少し前まで、現像してもらう際、
~な感じでお願いします。
と、お願いしていました。

そうして出来上がった「~なかんじ」が、自分らしいのだろうか。

きっと違う。

それだと、写真屋さんを変えれば
"らしさ"はなくなってしまう事になるから。

じゃあらしさとは構図? 撮らしていただいた方の表情?自分にしか撮れないシーン?


僕はそんな、
答えが見えても すぐまたどこかに消え去ってしまうような、
答えのない答えを 探すのが好きです。

月並みだけど、
写真が本当に好きなんだと思う。
22:04 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

 

anne* |

img034 - コピー (2)
【nikonFM2/FUJIPRO400H】

先日のフィルムが現像の旅より帰還◎

わくわくして開いてみると、、、


ブローニー3本真っ白!!!(白目)

2本は2コマのみ写ってました。


いや、これは凹みますね。

まじ凹む。


今年の桜写真は全滅です(´つω・.`)涙涙

"陽"の方のイメージも入ってたんだけどなあ。。うう

いきなり大ピンチ、
次回、anne*は復活できるのか?!
21:04 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

今のところは今まで通り 

きりえ |

19.jpg

○ストラスブール行きTGVの通路向かいで


写真展をするからといって、
何か特別なことをするはずもなく、できるはずもなくw
機材は1つしかありませんし、そうそう遠くにも行けませんし。
何より、スナップは思いもよらない出会いがあるから、
撮影自体はきっと今までどおりです。

そんなわけで、やっと明日からGWですが、相も変わらず京都です。
バスはもちろん、ホテルも旅行翌日の暗室予約まで完璧のはず!

陰陽と聞くと、視覚的にも内容的にも「明るい写真と暗い写真」というのが
どうしても浮かんでしまうため、なかなか難しいですが、
幸いまだ多少の時間がありますので、今は材料を増やせるよう頑張りたいと思います(^^)
21:36 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。