6-sense 全紙写真展「OTHELLO」

2012年 7/20~22日 7/27~29日、名古屋市大須ギャラリー「プシュケ」で6つの個性がぶつかり合う。
写真展詳細はこちら
DM請求はこちら

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

ゴールデンウィークを終えて 

ほし |

DH000011-1.jpg




こんばんは、ほしです。
先日ゴールデンウィークが終了したわけですが、
自分は何をしていたかというと、瀬戸内の島々を旅行していました!
写真もがっつり撮りまして、ブローニーフィルム9本ぶんしっかり撮っちゃいました。
1枚でも写真展に出せそうなものがあればいいのですが…笑

自分は今は「ローライコードVb」というカメラを愛用していまして、
このカメラで撮影した写真で作品を作りたいなあと思っているのですが、
買ったのが今年の1月でして、いかんせん写真のストックがあまりないのです…。

ちなみにローライコードVbってどんなカメラかというと、こんな感じ。
DH000011-001.jpg

いまどきこんなカメラをぶら下げて街を歩いている人なんてそうそういないので、
よく声をかけられます(笑
クラシカルで可愛い見た目と、柔らかくて透明感のある写りがお気に入りで、
今回の旅でも大活躍してくれました。

このカメラはジャンルでいうと「二眼レフ」というものにあたりまして、
その名前の通り、レンズが2つあるのが特徴的なカメラとなっています。
撮影時は上のフタをパカッと開けて、スクリーンを見ながら撮影する、
いわゆるウエストレベルファインダーになっているわけですが、
この上から覗いて写真を撮るというスタイルが今の自分に合っているように思うのです。
一眼レフのようにファインダーを直接覗くタイプですと、自分の眼で被写体をそのまま見ることになりますが、
このカメラだとスクリーンを介することになるので、やや客観的な視点が得られるように思えるのです。
これまで自分はあまり構図などを深く考えず、感じるままに写真を撮ってきたのですが、
ローライコードを使うようになってから、少しずつ「考えて写真を撮る」ことが出来てきている気がします。

今回の写真展に参加される方々は、それぞれ多種多様なカメラを使って撮影しています。
それぞれどのようなカメラを使って、どんな風に撮影しているか…
なんてこともこのブログを通じて知ることが出来ると思うので、
よろしければお楽しみください!
19:00 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://exhibition7.blog.fc2.com/tb.php/17-4581b409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ゴールデンウィークを終えて】

こんばんは、ほしです。先日ゴールデンウィークが終了したわけですが、自分は何をしていたかというと、瀬戸内の島々を旅行していました!写真もがっつり撮りまして、ブローニーフィ...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/10 19:30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。