6-sense 全紙写真展「OTHELLO」

2012年 7/20~22日 7/27~29日、名古屋市大須ギャラリー「プシュケ」で6つの個性がぶつかり合う。
写真展詳細はこちら
DM請求はこちら

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

写真展に行ったほうがいい15の理由 

ほし |

img240-2.jpg



こんばんは、ほしです!
いよいよ今週末から、写真展が開催されます!
あと3日です!3日ではじまってしまうんです!笑

ということで、
「写真展…行こうかな?どうしようかな?やっぱやめとこうかな?」
なんて思っているあなたのために、

「写真展に行ったほうがいい15の理由」

をお届けします!


理由1「大須は面白い」
写真展の開催される大須はなんとも面白スポット!
古着屋さん、専門店、アキバ系ショップ、オシャレカフェ、メイドカフェ、etc…
と多種多様すぎるお店が揃っています!

理由2「もちろん入場は無料!」
誰でも無料で見れます!これまで写真展なんて行ったことがないなんて人にもうってつけ!
もちろん写真をガッツリやっている方も楽しめますよ。

理由3「近くには素敵な写真屋さんも」
ギャラリーから徒歩1分で行ける写真屋さんがあります。
その名もMarble!ブローニーの現像もしていただけますよ!オススメです。

理由4「メンバーみんな良い人」
自分で言うのもなんですが、この写真展、素敵なメンバーが集まりました!
そんなメンバーに是非声をかけてみて下さい!
きっと面白い話をしてくれるはず。多分。

理由5「全紙の迫力はすごい」
この写真展の展示作品は全紙サイズ!これはデカい。
先日家に届いた額を見て、うっかり机でも来たのかと思ったぐらいに大きいです。
やはりそのぶん迫力あります!

理由6「ブックもあるよ!」
展示作品はひとり2点で6人の合同展なので、計12点となっています。
しかしそれだけじゃ物足りない!という人にもガッツリお楽しみいただける、
大ボリュームのブックも用意してあります!
全てのブックをじっくり読んだら、小一時間はかかるのではないでしょうか…。

理由7「スペシャルなプレゼント」
会場でアンケートを書いてくださった方に先着でスペシャルプレゼントをご用意しております!
内容は、漫画家の桐木憲一先生、月子先生、小説家の相沢沙呼先生とのコラボレーションによる、
まさにスペシャルなものとなっております!
この機を逃したら手に入らないですよ~、これは必見です!

理由8「そんな先生方のサイン入り本まで売ってる」
コラボレーションして下さった先生方の作品も販売します!
しかも、直筆のサイン入り!
数に限りがありますので、どうぞお早めに!

理由9「思い切ってデートコースに組み入れてしまおう」
気になるあの人との初デート…どこに行こう?なんて迷っているあなた!
この写真展に来れば間違いない!多分!

理由10「よりどりみどり」
この写真展の共通テーマは「陰と陽」。
しかし作品が出そろってみると、予想以上にバリエーション豊かなものに。
それぞれの個性が楽しめます!

理由11「アクセスも割といい!」
ギャラリーは最寄駅の「大須観音駅」から徒歩3分と、駅のそばです。
炎天下を長々と歩く羽目にはなりません!

理由12「ポストカードも売ってます」
全12種のポストカードを販売します!
どれも素敵ですよ。写真展の記念にどうぞ!

理由13「ちょうど梅雨明け」
東海地方は梅雨が明けました!
あの嫌な雨ともおさらばです!恐らく。

理由14「美味しいカフェやごはん屋さんも沢山!」
大須周辺では名古屋名物から美味しいスイーツまで、色々堪能できます!
写真で心を見たし、美味しい食事で胃を満たそう!

理由15「とにかく楽しませます!」
この写真展は、来ていただける方々のためのものです。
メンバー一同力を合わせて、皆さんに満足していただけるような写真展を目指し、
ここまでやってきました。
きっと楽しめます!一緒に楽しみましょう!


どうでしょう?写真展に行きたくなりましたか?笑
是非、週末は大須へと遊びに来て下さいね!
お待ちしております~!

21:41 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://exhibition7.blog.fc2.com/tb.php/44-da60517d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。